Information

2015.9.27 サクラはいるの?

ラブジュアリー代表の白石です。

サクラはいるの?
この疑問にお答えいたします。


「サクラの定義」をはっきりさせるため、語源由来辞典で調べてみました。


さくら
【意味】客の購買意欲をそそるため、客のふりをして品物を褒めたり、高く買い物をする仲間。


恋活・婚活ビジネスに当てはめると、出会いを求めていないのに報酬を得て参加している運営者の仲間ということになるのではないでしょうか。



それではラブジュアリーにサクラはいるのか?
答えは否です。


【サクラはいないと言い切る根拠】
薄利多売のビジネスですので、報酬を払えば赤字になります。


サクラを雇うほど利益率が高くないんです。
※他社様は知りません


ただし、私の同級生や友人を割引料金で誘うことはあります。※無料では誘いません。
私は自分の手の届く範囲の人には絶対に幸せになってもらうと決めていますので婚活中の友人を誘います。

「合コン行くならパーティー参加しない?」って感じです。
もし、貴方がこれをサクラと判断するなら、残念ながら私共はご期待に添うことが出来ません。

ですが、私の同級生はラブジュアリーのパーティーで出会い交際していました。(過去形です。お察しください)
その同級生が連れて来てくれたお友達は結婚して出産もされています。



◆サクラがいたという人の主張

【ケース1】自分でサクラだと言っていた
自分のことをサクラだと言う人、実はごく稀にですが本当にいます。

自分をサクラだと言う人の心理:
①しつこい男に連絡先を教えたくないので諦めさせたい
②モテない自分を受け入れられず、自分をサクラみたいなものと思うことで自尊心を保つ
解説:サクラとばれたらサクラの意味がありません。しつこいくらいに口止めするはずです。

【ケース2】態度が冷たい、本気を感じない、テンションが低い
解説:残念ながらお相手に興味を持ってもらえなかったからです。

【ケース3】群を抜いて素敵な人がいた!そんな人が来るはずがない!
解説:どれだけ卑屈なんですか(+o+)
必ずとは言えませんが、カッコイイ人も可愛い人も来ますよ!
参加者の質を保つために洒落た会場で開催しています。



◎ラブジュアリーの考え方
サクラを雇うくらいなら、心苦しいのですが開催を中止させていただきます。
中止すれば売上も無くなりますが損もしませんので