パーティーナビ

 

1.パーティーのマナー

遅刻に注意!

ドタキャンは言うまでもありませんが、社会人として遅刻にも充分注意しましょう!
地図を読むのが苦手で遅刻なんてことは割りと多いんです。
行けば分かるだろうと甘い考えはせず、予め地図を用意するなど準備をしておきましょう。
時刻表の確認も忘れてはいけません。
予想より時間がかかってしまい遅刻してしまった、というのはよく聞く話しです。
それに、遅れてはいけない時に限って交通機関の遅れが出たりと不慮の事態が起こるものです。
時間には充分余裕を持って出発しましょう!
行ったことの無い会場の場合は、開場時間の15分くらい前に一度下見をしておく余裕がほしいものです。
早めに会場入りすることで雰囲気にも馴染みやすくなりますよ!
どうしても遅れてしまう場合は主催者に電話をしましょう!

タバコは吸っていいの?

ラブジュアリー主催のイベントは全面禁煙です。
他の参加者だけでななく猫ちゃんにも配慮をお願いいたします。

他人の悪口は厳禁!

他人の悪口を聞いて楽しく思う人は少ないでしょう。
知人や会社の上司はもちろんですが、芸能人ネタにも気をつけましょう。
自分の好きな芸能人の悪口を言われて気分の良い人はいないでしょうし私も悪口言われちゃうのかな?
なんて思われてしまいますよ!

いきなりタメ口はNG

相手の方が明らかに年下でも最初は敬語で話しましょう!
いきなり馴れなれしいと警戒されてしまう恐れがあります。
しかし、最後まで敬語だと堅苦しい人と思われてしまうかもしれませんので、徐々に親しい言葉を交えて行きましょう。
丁寧な言葉使いのなかに親しい言葉を織り交ぜ、少しずつタメ口に変えていきましょう!

 

 

2.コミュニケーション

会話はキャッチボールで

緊張してしまったり、自分を知ってもらおうとしてひたすらしゃべり続ける方がいますが、これでは会話は成立 しません。
 
お相手のことも知りたくないですか?
ひとつ話したら2つ聞くくらいの気持ちで望みましょう。
 
そして共通点を探しながら話しましょう!
好きな食べ物、仕事、出身県など何でもいいんです。
 
心理学によれば自分と似ている人には安心感を抱くそうです。
 
そこから会話が弾み、話しが広がります。
先ずは会話のキャッチボールが出来る話題を見つけましょう!

ネガティブよりもポジティブに

人間はついつい否定形の言葉を使ってしまうものです。 
これは自信の無い自分を守る防衛本能とでもいうべきものなのですが、聞くほうは良い印象を受けないですよね?  

ぜひポジティブな言葉を使ってください!  

「仕事が忙しくて大変なんだ」 
「忙しくて大変だけどやりがいがあるよ」  

後者のほうが印象が良いですよね?  

前向きな人は生き生きしているし、周りの人に元気を与えることだって出来ます! 
人は前向きな人の周りに集まるのです。

傾聴しよう!

傾聴とは耳を傾けて、興味を持って熱心に聴くことです。
興味の無い話題は適当に流してしまい、適当に相槌を打った経験ありませんか?  

興味の無い話しでも、傾聴すれば相手の好みや思考を知るチャンスになるのです。  

心無い相槌は相手に伝わってしまうものです。  

それなら分からないことは質問してしまいましょう! 
「それ初めて聞いたんですけど詳しく教えてもらえますか?」 
なんて具合です。 
理解できた時に本当の相槌を打ちましょう! 
話す方は自分のことを理解してくれて共感してくれたと嬉しく思うはずです。  

そして自分の意見も述べましょう!  

「私はこう思うのですが、あなたはどうですか?」 
「あなたのお話しを聞いて私もやる気がでました」 
「あなたのこういう考え方に影響を受けました」  

このように相槌を打って同調しながらも自分の意見を伝えることで、興味を持って真剣に聞いていることを知ってもらうのです。

褒め上手になろう!

褒められて嬉しくない人はいないでしょう。  

「それ素敵ですね!」 
「それかわいい!」  

など褒め言葉はたくさんありますが、映画に出てくるような大げさすぎる表現は控えましょう。  

「君の瞳は夜空に輝く星より美しい」  

言うほうもテレますが、言われほうはギャグかと思っちゃいますよね? 
日本人は褒められなれていないので、本気で言ったとしても中々伝わらないんです。 
それに過剰に褒められると「誰にでも言っているのでは?」
と疑われてしまいます。  

「ありがとう!」 
「嬉しい!」  

褒める時は大げさ過ぎず、恥ずかしがらずに自分の素直な気持ちをそのまま表しましょう!

相手の目を見て話そう!

初対面の方と話す時って何だかテレてしまって目を見れないなんてことありませんか?
魅力的な異性と話す時はなおさらですよね。

でも、目を見て話さないと伝わらないんです。
テレているのか、自分に興味がないのか初対面ではなかなか分からないんですよね。

せっかく出逢ったのに「私のこと嫌いなのかな」なんて思われてしまったらもったいないですよ!
褒める時もそうなのですが、相手の目を見て真剣に話しましょう。

きっと想いが伝わるはずです!

連絡先を聞こう!

好みのお相手がいるならやっぱり連絡先はゲットしたいところ!  

でもいつ聞けばいいの?  

よく見かけるのが終了間際に誰かが連絡先の交換を始めると「オレも!私も!」なんて光景。 
これでは他の人のついでに聞かれたと思われかねませんし、お相手の印象にも残らないでしょう。  

自分が魅力的と思う異性は他の人もそう思うのです。 
その他大勢にならないように連絡先は早めに交換することをおすすめします。 
もちろん全く話していないのにいきなり聞くのは論外ですが、ある程度お話をして気が合いそうなら交換を申し出てみましょう!  

共通点のある話題をしている時がチャンスです。 
好きな食べ物やお店の話しをしている時に「今度一緒に行こうよ!」とか「さっきの話しもっと詳しく聞きたいから連絡先おしえて!」という具合に持っていってはいかがでしょうか。  

自分から聞くのは勇気のいることですが、もしかしたら相手の方は待っているのかもしれませんよ!

ここでひとつ注意!

連絡先の交換は断る権利もあるということ! 
とは言っても特に女性は断りづらいもの。 
女性がよそよそしい態度だったら教えたくないということです。 
男性は察してあげましょう! 
察する思いやりも大切なのです。 
ムリに交換しても残念ですが今後の発展はありえません。